エンガディーヌ

f:id:kyokogq:20210413124932j:plain

 

昨日は実験? エンガディーヌを長方形に作って、シュニッテンにしてみようと

思い、四角のセルクルに、パートシュクレを伸ばし、半分に切って、長方形を

2枚、その間に日フィリングを流して、焼いてみました。f:id:kyokogq:20210414124056j:plain課題はたくさん見つかりました。

スイス旅行の思い出のエンガディーヌを作ってみたいとのことで、今日は

取りあえず、試作品を召し上がっていただきました。

f:id:kyokogq:20210414124056j:plain

今日のお菓子は、ゴルゴンゾーラのマカロン、ウェーブ・ルージュと

サブレ・ビスターシュでした。

焼き菓子

f:id:kyokogq:20210409122621j:plain

サブレピスターシュは、ほろほろとした食感に、粗みじんの、ピスタチオの香りが

リッチです。 薄く焼きあがた 絞りだしクッキーに、フレーズの香りの、

ガナッシュも春らしいお菓子です。

まったく違うタイプの、焼き菓子2種と、新しいマカロン

明日のワインのパーティーの、手土産になさるとのこと、黒コショウも、インパクトが

ありますね。

焼き菓子

f:id:kyokogq:20210403122450j:plain

生黒コショウが手に入りにくく、あちこち探して下さった方々、ありがとう

ございました。 無事、美しく!? 出来上がりました。

ゴルゴンゾーラのマカロン、ウエーブ・ルージュ ガレット・ブルトン

小さいいお菓子は、時間がかかりますが、必ず喜ばれる大好きな焼き菓子ばかりです。 手早く作り上げ、何種類か詰め合わせて、大切な方にプレゼントしてくださいね。

f:id:kyokogq:20210403122837j:plain

ミモザの切り口です。

柔らかいスポンジと爽やかなレモンクリーム。

”パイナップル2021” と テイータイムにいただきました。

 

ミモザ2021

f:id:kyokogq:20210402163229j:plain

日ごとに、春の陽射しが、まぶしいくらい、

今年は花水木も、咲き始めています。

春を告げる花 ミモザは、とうに、散ってしましましたが、残していきたいレシピです

配合を変えずに、大きく作り易い、形にしてみました。

ビスキュ・。レジェールはレモンクリームを塗って巻いてみました。

明日 皆さんといただいてみます。

切り口が、楽しみですね。

サブレ・ピスターシュ

f:id:kyokogq:20210331104412j:plain

 

キッチンの窓から、ヒメシャラの若葉が、日ごとに、育っていくのが楽しみ!

桜の季節が終わると、抹茶やピスタチオを使った、お菓子を、意識するように

なってきます。

さらさら、甘さを控えた、サブレをピスタチオたっぷりと、合わせてみました。クリーミングmethodではなく、冷たいバターをすり込んでいきます。

4月は、新しい出会いの季節。

プレゼント用にも良い、焼き菓子を中心に、してみようかしら・・・

暑くなる前に!