ダンスパーティーも、無事終わり、明日から猛暑の横浜を離れ、蓼科山荘に 行きます。 今日のお菓子日記は 作り続けてきたガレットとしずくですが、喜んでくださる 顔を想像しながら、ゆっくりお菓子作りをするのは、幸せな時間です。 パン作り、マンゴーのム…

連日厳しい暑さが続いいています。 今日、3日 土曜日で、7月のお教室が終わりました。 お暑いところ遠くからも,iいらしていただきありがとうございました。 ”トマトと白ワインゼリー”はお菓子というより、パーティーなどの前菜として・・ 甘さをひかえたワ…

湿度も高く、蒸し暑い1日でした。 爽やかなパッチョンフルーツのお菓子をそのままパーティーに持ちになると ムースフィルムと底板持参のR K,さん。 綺麗にセルクルをはずして、お写真を撮ることができました。

”思っていたよりも、濃厚です!” とN.Aさん。 桃のみずみずしさ、やさしさと、ヨーグルトのムースが、とても良いハーモニー になっていると思います。 これからも作り続けていく夏の大好きな大切なレシピがひとつ増え、嬉しいです。

旬の果物 桃を使った今日のお菓子”ペッシュ”です。 コンポートした桃を 裏漉したピューレーのを使ったムース、その下にはやさしいヨーグルトのムース。 上に飾った桃の下に少し使ったナパージュ・ルージュがきいて、可愛いピンクに 仕上がりました。 ブラッ…

ダックワーズは、メレンゲにアーモンドやヘーゼルナッツのプーヅルを加え 底生地としても使われますが、少し小麦粉を多めにして、ふんわり・・・さくさく に焼き上げました。 長い間作り続けてきたお菓子ですが、型を使わず絞り袋で、6㎝の丸形にし フィリ…

7月は桃やパッチョンフルーツ、ヨーグルトなどの、ムースやゼリーの 冷たいお菓子が中心になっています。 昨日は、ロゼワインのクラッシュト・ジェル、アメリカンチェリーのコンポートの シロップも入りますが、しっかりお酒のゼリーです。 車でいらした方…

マンゴーのタルト

果物を使ったお菓子を作っていく時に、まず、もちろん果物が,おいし事。 そしてその果物を生かす、クリームやお酒や、パイ生地やサブレ、スポンジ・・ それらとのはハーモニーや食感などなどを考えて、組み立てていきます。 今日のお教室は久しぶりに”マン…

タルト・スリーズ

コンポートしたアメリカンチェリーを使い,アパレイユと組み合わせて焼き 上げました。 しっかりキルシがをしみこんだタルトを、冷たく冷やして、いただくのが 楽しみです。

パッション  

お菓子を作るときには、まずレシピをよく読んで流れをつかみ、冷やすため冷蔵 するにしても、焼き上げるためオーブンに入れるにしても、型、を準備してから 流れるように、進めていきます。 待ったなしのタイミングがとても大事ですね・・・・と、日ごろから…

桃の出回る期間は、限られているので、7月に、初めてこのお菓子をお教室で 作りました。 ヨーグルトのムースと桃のムースを重ねていきコンポートした桃をたっぷり 乗せて仕上げ。 桃のコンポートは火を入れ過ぎないように、 又色止めに必ずレモンを使います…

初恋という名前を付けた今日のカルピスムースは、その名の通り 本当に、やさしく、淡く、口どけも良く…物足りないくらい・・・・かしら 久しぶりで作りましたが、甘さを控えたカルピスのムースと、たっぷり乗せた キュ-ウィーーフルーツの酸味と甘さが加わ…

パッションフルーツに上掛けするグラサージはすぐに召し上がらない時には だれてくる心配があります。 ピューレーをたっぷり使い、固めのゼリーで、色も鮮やかにと変えてみました。 ハウス物のパッションフルーツが、終わって、露地ものが早く出回って欲しい…

8月は夏休みで、おいしい桃が出回る頃、桃のお菓子を・・・と思いながら 試作を、繰り返してきただけでした。 (タルト以外) ヨーグルトムースと、コンポートしたジュレを使ったムース、を組み合わせ シロップのジユレも使って新しいレシピが出来ました。 …

今年もツール・ド・フランスが終わりました。 夏の初めの自転車のロードレースは、ヨーロッパでは、気持ちの良い夏がやってくる・・・という、少し晴れ晴れした気持ちになったものです。 パリブレストは、車輪からリングに、シュー種を焼き上げ、クレームム…

今日は長い間、ご一緒にお菓子作りをしてきた方達ですので、パリブレストがどうしてこのレシピになったか…この数字にしたか・・・・を聞いていただきました。 残していくレシピが、皆さんが家庭菓子として作り易く、そしてもちろんおいしく!、 と思っていま…

梅雨の晴れ間が続いています。 限られた時間内で、パッションのム-スとゼりーを固められるか心配でしたが、 下に敷きこむジェノワーズを、焼いて準備しておき、しっかり冷やし固めたのものを お持ち帰りいただきました。 杏子のダックワーズも、ピューレー…

スポンジなどなど、少しずつ修正して、”パッッション” 旬のパッションフルーツ ムースとゼリー、生のプチプチ・・・爽やかで作り易いアントルメになりました。 アメリカンチェリーも、大粒の艶のいいものがたくさん出回ってきましたので、 コンポートしたり…

今月はプラリネアーモンドも一粒ずつぱらぱらとキャラメルが、まとうように 作りましたが、粗みじんに刻んで、濃厚なクリームに、アクセントになります。 リングのシューは、セルクルに入れないで、18㎝の印をつけてオーブン皿に 絞って行ってもいいのです…

お教室で作るシュー生地を使ったお菓子は、何種類かあるのですが、家で作ってみて どうしても膨らみが悪く、上手くできないということをききます。 水分とバターを、しっかり沸点まで、熱を入れ、小麦粉のドウを糊化させ、溶き卵を 適量、この多すぎず少なす…

小さいお子さんを保育園に預けて、お忙しい中、ご一緒にお菓子作りを・・・・ と参加して下さっているN.A.さん。 作業をしながら、お話も弾み、お菓子つくりの大好きなことが伝わってきて こういう時間は本当に、私にとっても、嬉しい時間です。 何でも…

あこがれの”パリ・ブレスト”の大きなリングシューが、膨らみました。 シュー生地は、今まで卵を少し入れ過ぎていたようです。 大きさや、フィリングのクリームを変えて、シューをマスターして 下さいね。 季節を問わず1年中、シュークリームはどなたにも喜…

グアナラを使い 柚子、グランマニエと、合わせた濃厚なタルトです。 すっきりとしたダージリンのファーストフラッシュといただくと ぴったりです。 チョコレートのアパレイユは焼き過ぎないように・・・・・仕上げるのが なめらかな口当たりのポイントです。…

本格的なフレンチのデザートでは、パリブレストが出ることが多いと思います。 濃厚なクレームムスリーヌですが、今までより作り易くしてみました。

こんなに素敵なホールの、お菓子をプレゼントされたら、・・・・・ 嬉しいですよね! そのまま 飾っておきたいくらいです。 お菓子を冷凍して、何日か、あとのパーティーなどに、いただく場合は その日の室温、何時間くらい後にいただくか・・・冷蔵庫で戻し…

タルトレットは手がかかりますが、ちょっとしたおすそわけにも、いいですね。 大きすぎず・・・小さすぎず・・6㎝の型で、作りました。 グラサージュは、グランマニエを使い グアナラに、柚子を選んでみました。 毎年、5月になると、ダージリンが各農園か…

日本の中だけでなくヨーロッパもアメリカも、お抹茶の、お菓子が ブームだそうですね。 グリーンのバタークリームに、涼しげな 紫のお花が、涼しげに飾られました。 早速お仕事仲間に、ご馳走するとのこと、分けやすいように、細かい花々を 散らして可愛らし…

タルト・オ・ショコラのグラサージュは、薄くガナッシュにしてみました。 チョコレート・チョコレート・チョコレート!ゆずを少し添えてみました。 まだまだ 模索中?なのです。

タルトおしxyこらあ

チーズがたっぷり入りハーブを加えたこのクッキーは、ワインとも会います。 粗くつぶした黒こしょうが、あとから口の中で香りだし、岩塩のカリカリも 食感と、味の、アクセントになります。 シフォンケーキ葉メープルと、アーツグレーを作りました。 6ケ分…